田舎で2児の子育てをしながらネットビジネスに勤しむソフトエンジニア

自己啓発、マインドセット

ホームページ作成。便利になる世の中と、仕事が無くなる危機感

2017年9月3日

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、知人の外構屋さんの依頼で、ホームページを作成しました。
私自身、基本的なHTMLの知識はあるものの、それほど頻繁にホームページ作成をするわけではないので、ここ最近のトレンドを盛り込んだスタイリッシュなページ作成には正直自身がありませんでした。

そのため、Ameba owndという、ホームページ作成サービスを利用しました。
https://www.amebaownd.com/discover

豊富なテーマからサイトデザインの選択と、直感的なサイト作成インターフェース。
また、レスポンシブ対応しているので、PCから作るだけでスマホにも対応できちゃいます。

HTMLでゴリゴリ書くほどの自由度は有りませんが、このサービスで依頼者が求める要件を十分に満たすことが出来ると判断したため、採用しました。
自由度が低いのは裏を返せば、設定項目が少なく簡単。また、ページデザインの統一性も保てます。
ページの枠組みだけであれば登録から1時間もかからずにできちゃいますね。

また、以前似たサービスで、strikinglyを利用していたこともありました。
https://www.strikingly.com/?locale=ja
こちらもAmeba owndに似ておりますが、海外のサービス。しかしながら完全日本語対応しています。サイトテーマも異なります。
Ameba owndと大きく違う点は、各コンテンツが1つのページにまとまっているということ。
メニューのコンテンツボタンをクリックすると、自動でスクロールしてそのコンテンツのブロックに行くという仕掛けです。
見た目はかなりおしゃれですが、1ページなのでロードするデータ量が多いのが難点。

他にもこういったWebで完結するホームページ作成サービスはここ最近、多数存在しています。しかも無料で。

と、ここまではホームページ作成サービスについて書いてしまいました、本題はここから
一昔前は、ホームページ作成と言うとホームページビルダー等かを使ってデザインし、サーバを借りてFTPでアップロードというやり方しかありませんでした。
現在もこのやり方が淘汰されているわけではありませんが、初心者の方々へのハードルが下がった結果、こういった知識が無くてもホームページ作成が可能になりました。

このように、便利な世の中になれば、極端な話、昨日までそれで食べていた方々が仕事を失う可能性が出てきています。
以前は企業のホームページ作成と言うと、プロに発注して作ってもらうのが当たり前でしたが、今はそれに取って代わるSNSや上記で紹介したサービスを利用することで、企業内で少しPCに詳しい方が居ればそれで事足りてしまうケースが増えています。

工場などで「機械を入れて自動化して人が要らなくなったので人員削減します」これと全く同じことが、様々な分野で起こっているのです。
特に、インターネットなどのITサービス系はこの流れがとても速く、顕著に現れています。私自身、本業がソフト屋なので余計にそういった流れをひしひしと感じます。
動画を選ぶだけで自動編集してくれるアプリや、スマホで写真を撮っているだけで勝手にアルバムが出来上がるサービスなど。
今まで手作業でやってきた作業に取って代わるサービス・アプリが日々登場しています。

私はこの流れを批判したいわけではありません。むしろ自動化して効率化すべきところはどんどんやるべきです。
それに比例して、頭で考えられる我々人間に求められるところはますます高度になっていきます。
それが出来なければ、いつか淘汰される人間になってしまう危機感を持っていかなければならないと感じます。

ブログサークル関係リンク:
ブロトピ:こんな記事書きました!
ブロトピ:こんな記事あります
ブロトピ:記事紹介!!







CATEGORIES & TAGS

自己啓発、マインドセット,

ソウパパ

Author:




ソウパパです。ネットビジネスを勉強中で、いつか不動産オーナーになりたい夢を持つ、2児のパパです。

管理人謹製の中国輸入に便利な人民元→日本円の通貨計算機です。

紹介記事はこちら

本サイトに関するお問い合わせがありましたら、何でもお気軽にご相談ください!相互リンクのご希望もこちらからお願いします。



ブログランキング参加中!下記のバナーをクリックして頂ければ、管理人のやる気が少しUPします。
にほんブログ村 小遣いブログ ネットワークビジネスへ
人気ブログランキングにも参加中!アフィリエイト関係の役立つブログが数多く参加しています!

当サイトのプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。