ネット物販・転売

「せどらー泣かせ」Amazonの規約変更に見る巨大サービスのリスク

このエントリーをはてなブックマークに追加

去年の話になりますが、AmazonのFBAに取り組んでいた時期がありました。

夫婦で取り組んでいたのですが、3か月で10万円程度の利益が出て、これはいける!と思ったものです。

ですが、妻が出産前に早産になりかけ、入院したのをきっかけに撤退

それからは、暫く物販ビジネスはお休みの期間に入りました。

 

時は流れて。

 

ここ最近知ったのですが、私たちがFBAを止めてから1か月後の2016年11月に、FBAの規約変更が有ったようです。

この変更により、「新品」と出品できるのは、保証が開始されていないもの。

つまり、電器屋等で購入して転売するようなケースは新品として出品が出来ず、中古の未使用品として出品することになります。

もし、新品と未使用品が同じ値段で並んでいたら、新品を買いますよね。

ということは未使用品は、新品より値段を下げなければならず、結果として利益が減ることになります。

確かに以前はFBAを利用して買ったモノの保証はどうなるんだ?ってところがグレーでしたよね。

買う側からすればAmazonから発送された商品は、1年保証が付いているものだと思って買うと思います。そういった顧客の利益を考えた変更なのでしょうね。

この変更は、きっとせどらー界には大打撃を与えたに違いありません。(また大規模詐欺事件でもマーケットプレイスの信用はかなり落ちましたね)

とはいっても、私も経験しましたが、FBAは商品が非常に売れやすいです。

モノレートで売れ行きが良いことを確認し、事前に手数料等計算して利益が取れると分かったら購入。

その商品を出せば間違いなく売れます。あとは発送作業はAmazon任せ。簡単なので多くの方が参入しておりますね。

こういったサービスに依存していると、ある日突然の規約変更などで商売が出来なくなったり、売り上げがガラッと変わってしまうことがあります。

基本的には、顧客優先を考えた変更が殆どですね。

メルカリや、ヤフオクなど、を始めとした物販系や、アフィリエイトのGoogle analyticsやAmazonアソシエイト、A8.netなど。

これらの有名なサービスを利用しないで利益を得るのは並々ならぬ労力がかかってしまいますので、使わざるを得ません。

ただ、巨大なサービスには規約変更が付き物。複数のチャネルを用いるなど、リスク分散を考えた取り組みが必要だと考えさせられる一件でした。

ブログサークル関連:
ブロトピ:記事紹介!!
ブロトピ:ブログ更新しました







CATEGORIES & TAGS

ネット物販・転売, , ,

ソウパパ

Author:




ソウパパです。ネットビジネスを勉強中で、いつか不動産オーナーになりたい夢を持つ、2児のパパです。

管理人謹製の中国輸入に便利な人民元→日本円の通貨計算機です。

紹介記事はこちら

本サイトに関するお問い合わせがありましたら、何でもお気軽にご相談ください!相互リンクのご希望もこちらからお願いします。



ブログランキング参加中!下記のバナーをクリックして頂ければ、管理人のやる気が少しUPします。
にほんブログ村 小遣いブログ ネットワークビジネスへ
人気ブログランキングにも参加中!アフィリエイト関係の役立つブログが数多く参加しています!

当サイトのプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。