ネットビジネス関連知識

「無料であげます」決して怪しくない地元密着型サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

タダより高いものは無い。という言葉があるように、

無料というと嬉しい反面、何だか身構えてしまう所がありますよね。

その無料が当たり前に飛び交っているサービスがあります。

それが、「ジモティー」です。

私もまだそれほど数多く取引してはおりませんが、とても良いサービスなのでご紹介したいと思います。

 

ジモティーとは?

知り合いに物をもらったり、また逆にあげたりすることってありますよね。

ベビー、子供用品なんかは使える期間が短いので、こういったことが良く行われます。

そういったモノの譲渡をネットを使って仲介するサービスが「ジモティー」です。

もともとは売買掲示板としてサービスを開始しており、今はアプリで簡単に取引が出来ます。

料金は完全に無料。取引手数料もありません。

運営会社は広告収入や有料オプションを収入源としているようです。

 

ヤフオクやメルカリとの違いは?

地元密着型のサービスで、基本的に取引方法は手渡しです。

そのため、近い方が取りに来たり、はたまたこちらから届けたりすることになります。

お金もその場で現金手渡しなので、クレジットカードが無くても取引できます。

また、0円出品がこのサービスの最大の目玉。

捨てたいけど処分にはお金がかかるモノなどを出品すれば、双方にメリットがあります。

もちろん、有料で譲ることもできます。

 

使い方は?

取引までの流れを簡単に説明します。

まず会員登録して、物品の写真をUP。説明文や物品の所在地を書いて投稿。

落札の概念は無いので、その商品に興味を持った人からメッセージが届きます。

そのまま譲ってくれという場合もありますし、商品のより詳しい説明を求めてくる方もいます。

譲る方が決まったらステータスを受付終了にします。

その後はその方と連絡を取り合い、待ち合わせ場所で現金と引き換えに物品を渡します

これで取引は終了。

 

どういった場面で使うの?

直接取りに来てもらうことが出来るので、例えば不要になった学習机やタイヤ、家具など、大きなものに向いています。

これらは処分しようと思うとかなりのお金を取られますし、発送するのも難しいです。

そんなときに0円で出品すれば、欲しい人が現れます。

実家の整理などで、処分に困るものが大量に出てきたり、引っ越しで不要なものが出たりした時に最適です。

手渡しなので、梱包も要らないですし、場合によっては出品してその日のうちに引き取ってもらうこともできます。

上手く活用することで、物の処分にかかるコストを大きく減らすことが出来ます。

 

安全なの?

ジモティーでは取引は基本的に人目に付く場所、自宅の場合は複数人で対応することを推奨しています。

また、身分登録しているかどうかのユーザを知ることが出来るので、それでセキュリティは少し上がります。

もしどこかの駐車場などで渡すだけの取引だったら、そもそも相手に電話番号も住所も教える必要が無いので、実は個人情報保護が万全だったりします。

今までの取引評価なども見れますので、ある程度の自己防衛も可能です。

私は田舎ではありますが、今までトラブルになったことは無く、むしろ感謝して頂けたことばかりで、毎回非常に気持ちの良い取引でした。

 

さいごに

大きなものを簡単に処分できるということで、フリマアプリとは全く異なった使い方であるこのジモティー

ネット上でのコミュニケーションが盛んになっている今日。直接取引で、感謝の気持ちが直接伝わるのは良いものです。

顔を合わせて「大切に使わせていただきます」と言われたら捨てるには心が痛むものでも、譲って良かったなと感じます。

自宅に不要なものがあれば、使ってみてはいかがでしょうか?

ブログサークル関連:
ブロトピ:記事紹介!!
ブロトピ:ブログ更新しました







CATEGORIES & TAGS

ネットビジネス関連知識, , ,

ソウパパ

Author:




ソウパパです。ネットビジネスを勉強中で、いつか不動産オーナーになりたい夢を持つ、2児のパパです。

管理人謹製の中国輸入に便利な人民元→日本円の通貨計算機です。

紹介記事はこちら

本サイトに関するお問い合わせがありましたら、何でもお気軽にご相談ください!相互リンクのご希望もこちらからお願いします。



ブログランキング参加中!下記のバナーをクリックして頂ければ、管理人のやる気が少しUPします。
にほんブログ村 小遣いブログ ネットワークビジネスへ
人気ブログランキングにも参加中!アフィリエイト関係の役立つブログが数多く参加しています!

当サイトのプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。