ネットビジネス関連知識

副業が盛り上がってネットビジネスが脚光を浴びているので、そんなに簡単にはいかない理由だけをまとめてみた

2018年12月20日

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨今、大手企業の副業解禁を皮切りに、副業市場が活気を見せています。

本屋に行けば、副業、ネットビジネス等々の雑誌が増え、社会人が本業だけに打ち込むスタイルに変化が起きています。

ただ、副業と言えど「仕事」には変わりは無く、軽い気持ちで取り組もうと思っても、一向に成果が上がらないケースは多々あります。

今回は、今まで数々のネットビジネスを経験してきた私が、副業のタイプ別にマイナスポイント中心に書いていきたいと思います。

プラスポイントは散々雑誌やテレビなどで紹介されていると思いますので、あまり言及するつもりはありません。

今からネットビジネスを始めようと思っている方が、無駄な時間を費やしませんように。

では、早速行ってみましょう。

 

アフィリエイト

ネットビジネスの代名詞とも呼べるビジネスですね。

ブログやホームページに広告を貼って、広告収入を得る。

シンプルなビジネスなので、取り組む方も多いのではないのでしょうか。

では、アフィリエイトのマイナスポイントはどのようなものがあるのでしょうか。

成果が出るまで時間がかかる

ここが一番初心者がふるい落とされるところ。

並のアフィリエイターは、数か月報酬0なんて当たり前です。

それでも、いつか花開くことを信じて続けるというのは並大抵の精神力では務まりません。

好きだから始めたジャンルのページが、いつの間にか更新が苦痛になり、嫌いになってしまうかもしれません。

SEO対策

SEOはざっくり言うと、Googleなどのサーチエンジンの検索順位を上げる取り組み。

当然ながら、検索順位が上にあればあるほどアクセス数が多いです。

そのためには、適切な検索ワードを盛り込んだり、ページ数を増やしたり、相互リンクをお願いしたり・・・

数多くの仕事があります。考え出すとキリがないだけに、正解も無いです。

しかしながら、SEOを制する者はアフィリエイトを制すと言われるぐらい重要ですので、避けては通れないのです。

 

先人が強すぎる

アフィリエイトは歴史が長いため、既に数多くの先人たちが存在します。

ここに切り込んで稼ぐためには、新しいジャンルの先駆者になるか、ニッチな分野の需要を掘り起こしてページを量産するしかありません。

更新しないと検索順位も落ちていきますから、ページを数多く作ると、それだけ管理に費やす時間も増えていきます。

手軽にできるはずなのに、気づけばすごく負担になっている・・・

そういった状況になる可能性があります。

 

意外と準備に手間がかかる

レンタルサーバ、ドメイン取得、HTML

まずこれらの言葉を知らない方は、考え直した方が良いかもしれません。

かといって、手軽さを取ってブログで始めると、広告の制約が多かったり、自由度が低くなったり、

はたまたある日突然ブログサービス終了なんてことになったら大変です。

簡単に始められるといっても、ある程度の準備に知識が必要なので、そこを無視してはいけません。

 

広告の審査が厳しいものがある

Google AdsenseというGoogleが提供している広告サービスがあります。

この広告サービスは、ユーザ毎に興味があるものを検索結果などから分析し、

それに応じた広告を出してくれるということで、成果が出やすいという利点があります。

そのため、アフィリエイターの間でも人気が高いです。

但し、Google Adsenseは審査が厳しいので有名。

Googleにページを審査してもらい、広告を載せるに値するページと認められなければ、載せることが出来ません。

しかもその審査基準は明かされていない状況です。

参考までに私が通った時の情報をまとめています。→ こちら

これに通るためには、審査用のページを作るのが良いのですが、これは結構骨が折れます。

もしかすると、これが通る前に挫折するかもしれません。

スタートラインにも立てずに終わる可能性があるのです。

 

ドロップシッピング

つづいて、ドロップシッピング。

ドロップシッピングはショッピングサイトなどを立ち上げ、自分の好きなものを取り扱って、

注文を受けて、配送はお任せというビジネス。クレーム対応だってお任せです。販売価格も自由に決められます。

サイトを作ってしまえば、注文を受けるだけということで、一見楽にも見えるのですが、やはり甘くはありません。

信用が無いサイトでは売れない

皆さんがネットで買い物をするときは、どこで買いますか?

殆どの方はAmazon?楽天?ヨドバシなど有名ストアで買いますよね。

全く知らないショッピングサイトで買い物をしたいと思いますか?

個人情報が抜かれるフィッシングサイトかもしれない・・・

と思ったら、怖くて買い物なんかできません。

そうです、信用が全くないサイトから買い物をしてもらうのはとてつもなくハードルが高いんです。

じゃあ、Amazonや楽天で売ればいいじゃん!と思うかもしれません。

でもそう甘くはいかないのです。次章につづく

価格競争に弱い

Amazonや楽天で売るとなると、同じものを販売しているショップと価格競争になります。

ドロップシッピングを利用している場合には、設定できる価格の下限が決まってるので、それ以下になると負けてしまいます。

同じものを買うなら安い方が良いです。

しかも、楽天は出店手数料がかなり高い。

ドロップシッピングで太刀打ちしようと思ったら、赤字になる可能性が高いです。

そのためショッピングモールサイトで売ろうとすると、今度は価格の面で壁にぶつかってしまいます。

 

高いモノを売っても薄利多売

ドロップシッピングは、発送や仕入れなどの一切を負わない代わりに、自分に戻ってくる報酬が少ないです。

高くすれば売れないですし。

ということは、沢山売らなければならないわけで。

人気商品を取り扱えば、沢山売れるかもしれませんが、人気商品ほど品切れも起きやすくなります。

売りたいのに在庫が無いのでは、元も子もありません。

結局蓋を開けて見れば、ほとんど自分の手元には戻ってこないという結果に落胆するかもしせません。

 

YouTube

ビジネスと言って良いのか分かりませんが、これも最近説明不要の人気っぷりですね。

動画を上げて広告を載せて、アクセス数でお金がもらえる。

極めてシンプルですが、もちろん簡単ではありません。

ライバルが多い

子供のなりたい職業にYouTuberがランクインするぐらいメジャーなので、参入するライバルも多く、報酬額はどんどん下がっています。

そのため、過激な動画に走るか、とにかくたくさん投稿して当たるのを待つか。

一度火が付くと凄いアクセス数をたたき出すこともあるかもしれませんが、ブームが去れば落ちるのも一瞬です。

 

報酬がそもそも低い

Googleが広告を担っていますが、報酬の基準は年々上がっており、

今ではチャンネル登録者1000人以下&年間再生4000時間以下は収益化不可になっています。

ちなみに30万アクセスで1万円程度という記事も見かけます。

一生懸命頑張ってヒット動画に当たっても、小遣い程度になる可能性が高いです。

 

まとめ

なんともネガティブな記事になってしまいましたが、結局の所お金を稼ぐにはそれ相応の努力が必要ということ。

努力が要らないビジネスに誘われたら、まず怪しいと疑いましょう。

そんなビジネスがあったら、普通人には教えないですから。

とはいえ、ネットビジネスには夢があります。

本当に自分に向いているビジネスは何なのか、簡単に始められる分、ちょっと躓くとすぐに投げ出してしまいそうですが、

それを乗り越えた人が成功を掴んでいます。

何も始めていない方は、まずは初めて見るというのも良いと思いますよ!

ブログサークル関連:
ブロトピ:こんな記事あります
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:こんな記事書きました!

CATEGORIES & TAGS

ネットビジネス関連知識, , , ,

ソウパパ

Author:

ソウパパです。ネットビジネスの成功を志す2児のパパ。現在中国輸入販売に挑戦中。英語学習とコーヒーが趣味です。

当サイトのプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。

本サイトに関するお問い合わせがありましたら、何でもお気軽にご相談ください!相互リンクのご希望もこちらからお願いします。



ブログランキング参加中!下記のバナーをクリックして頂ければ、管理人のやる気が少しUPします。
にほんブログ村 小遣いブログ ネットワークビジネスへ
人気ブログランキングにも参加中!アフィリエイト関係の役立つブログが数多く参加しています!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。