ブログ

TOEIC 300点台だった私が800点越えした学習法

2019年4月21日

このエントリーをはてなブックマークに追加

月並みなタイトルですが。

かなり長い記事ですので、お時間あるときにどうぞ(笑)

TOEIC全受験者の割合や、国際部門に比べると800点と言う点数はまだまだだし、社内にも900点ホルダーは居ますが、

それでもやはり800点越えると周りの見る目が少し変わったと感じました。

私は理系ですし、語学においては文系出身には劣るというのが一般的な見方。

さらに、入社時は300点台

世の中的に、最初はダメダメだった人が這いあがるような、サクセスストーリーは好まれる傾向がありますからね(笑)

どうやって点数を上げたのか、800点越えると世界が変わるかなど。

色々と質問攻めにあったので、整理の意味も込めて学習方法を中心に記事にまとめてみたいと思います。

私のハンディキャップ

この手の学習法の記事では、あまりに置かれている環境が違いすぎる方の方法は参考にはならないので、

私が置かれている環境を最初に説明しておきます。

まず、学習するといっても、私にはいくつかハンディキャップがあります。

私は未就学児2人の子育てをしておりますので、子供が起きている時間は勉強できません。

また、通勤は車なのでその時間はリスニングぐらいにしか使えません。

もちろん土日は家族サービスなので、学習には充てられません。

私のアドバンテージ

では、反対に私が語学学習において恵まれている点についてです。

業務のおよそ50~60%が英語です。主にリーディング&ライティングですが。

海外のエンジニアと働いているので、彼らとコミュニケーションを取るのも英語。

こう言うと、TOEIC高得点は当たり前じゃ?と思われるかもしれませんが、それでも500点未満の方はゴロゴロいます。

そういった環境におかれていても、英語力の伸びはやっぱり本人のやる気が大きいんでしょうね。

学習時間の確保 その1 習慣化

では、早速私の学習方法についてですが、まず、最初のハードルは学習時間でした。

前述したように、私にはあまり時間があるわけではないので、1日2時間とか3時間なんてのは無理です。

ただ、TOEICの点数を上げるためには時間が必要なのは事実。

では、どうするか?

まずは「習慣化」を考えました。

我ながら当たり前のことを言ってると思いますが、単なる「毎日やるぞ!」じゃないんです。

・毎日決まった時間に行うこと

コレに落ち着きました。

夕食や朝食、入浴、就寝など、時間が決まってない物の前後に入れると、その予定がずれて時間が無くなったりして、やらなくなる可能性が高まります。

そうすると必然的に、始業前になりました。

仕事は必ず決まった時間に始まるので、後は少し早く家を出るだけ。

多少到着時間は前後しますが、毎日きっちり決まった時間を確保したいのではなく、目的は習慣化なので、

着いた時間から始業まで学習することができました。

また、余裕を持って会社に行ってるので、万が一事故渋滞などあっても遅刻しないという思わぬプラス効果があります(笑)

こうして、飽きっぽい私でも続けられる基盤が出来ました。

学習時間の確保 その2 スキマ時間

前述した「習慣化」ができると、これを軸に、学習時間をもっと取りたくなってきます。

そこで、スキマ時間の活用です。

まとまった時間は無いんです。ただ、1日を見返すとスキマ時間って結構あるんです。

iPhone持ってる方だと「スクリーンタイム」を見てみて下さい。

スマホを使ってる時間って、一日を通して結構あるんですよね。

その中から学習に充てられそうな時間を割り出すのもアリです。

私の場合は、寝る前や昼休みなど、習慣化は難しいけどスキマ時間がある場所を狙って、少しでも進めています。

また、お風呂の時間は子育てしていてもゆっくり一人になれる時間。

900点ホルダーの上司に聞いたお風呂学習を、こんなアイテムで実施してます。

こうすれば、一日30分前後。週に3時間前後は確保できます。

少ないと思うかもしれませんが、一定の学習時間を割り当てられると、学習計画を立てやすく、目標に向かいやすいです。

やる気があればもっと確保できるとは思いますが、あまり気合を入れ過ぎず、

足りない分はたまの空いてる週末に入れたり、試験直前になったらまとまって入れるぐらいの気構えでやった方が続きます。

学習に使う教材

まとまった時間が取りづらい私。

毎回参考書を開いて、CDを聴いていたのでは、準備時間が勿体ないです。

スキマ学習に使う教材はスマホアプリが適していました。

紙のテキストよりも長けているところは、音声を同時に聞けるところ。

音声を聴きながら学習することで、リスニング力も同時に鍛えられるので時間効率が良いです。

以前も紹介しましたが、abceedというアプリを使って学習しています。

これはアプリ内で、人気のTOEICテキストを購入すると、本の内容に合わせたアプリ内学習ができます。

前述したように、リスニング音声を聴きながら学習でき、採点や答え合わせも即座に行えます。

しかも紙版を買うより安いです。

例えば単語学習の王道「金フレ」が

961円(紙版) → 648円(abceed版)
(2019年4月16日現在)

となっています。

また、公式問題集のマークシート機能も付いてるので、採点も即座に行えます。(リスニング音声は非対応)

巷での評判通り、TOEIC対策最強のアプリです。

このアプリ学習には必ずワイヤレスイヤホンを使いましょう。

ケーブルを出したり仕舞ったりする時間が惜しいですし、余計なところにエネルギーを食われてはいけません。

私はAnkerのZolo libertyを使っています。

これは蓋を開ければペアリングが終わるので、

「学習する時に耳に付け、終わったら蓋を閉じる」

これだけなんです。

Ankerじゃなきゃダメということではなく、似たようなタイプのイヤホンなら同じことが実現できると思います。

スキマ時間を活用するのにピッタリなので、この組み合わせを強くお勧めします!

800点越えると世界が変わるか?

結論から言います。

 

 

変わりません」(笑)

 

 

劇的に英語が聞き取れるようになってるなんてことは無いです。

ただ、前述しているように、英語が得意な人に見られますので、

場合によっては社内の評価が変わってくることもあるでしょう。

私は上がったからといって給料に反映されることも無いです。

しかしながら、ここまで来ると文法がある程度出来ていると思うので、

あとは海外で過ごす機会でもあれば、あっという間に話せるようになる・・・・はずです(笑)

TOEICで点数とっても話せなきゃ意味が無いじゃないか

と言われていますが、全くその通りです。

しかし、TOEICはある程度英語力の指標になるので、このスコアによって海外出張などの機会が増えれば、英語力は伸びていくかと。

そのため最終的には話せなければ意味がないのですが、必ずしも点数を取ること自体が意味をなさないとは言えないと思っています。

私のモチベーション

こぼれ話的に、私がなぜここまでTOEICに本気になったか。そこを紹介します。

むかーし昔。まだ私が400点台だった頃、会社では一般職500点以上というゴールが設定されていました。

達成したらボーナス上げるよ!教材費補助するよ!

色々と会社からは学習に前向きになれるような好条件が提示されましたが、私はそれらに全く興味を持たず

上司にも「もっと頑張れよ」と言われ続ける日々でした。

それから4、5年間は500点付近をうろつき続けましたが、2016年に開催されたTOEICで、急に150点上がったんです!

公式問題集を買って何となく解き始めていた時でした。

あまりにUPしたので、自分自身でも驚いてしまって、

俺ってTOEICイケるんじゃね?」(笑)

と、変な自信がついてしまったんです。

図に乗っていた翌年、スコアがまた落ちました(笑)

イケると思っていたTOEICのスコアが落ちたんで、とても悔しかったのを覚えています。

そこでこの頃既に、会社に早く行って勉強するという習慣が付いていたので、その時間をTOEICに充てるようになりました。

そこからは「公式テストを受けるまでの記事」に続いています。

一度点数が上がりだすと面白くなって、勉強にさらに熱が入ります。

さしずめ、ランナーズハイです。

お金より、悔しさはモチベーションになるんですね(笑)

これが私のTOEICに対するモチベーションです。

最後に

長々と私の学習法について書いてきましたが、こんな子育てパパでもTOEICのスコアは取れるということを分かっていただけたでしょうか?

ただ、最近私が思うのは、

時間が無いから勉強できる

です。

変なこと言うようですが、時間が限られていると、そこで捻出した時間は貴重なものとなり、有意義に使おうという意識が働きます。

限られた時間でパフォーマンスを出す必要がありますからね。

独身時代、いつでも勉強できる環境にいた私は、いつまでも勉強しませんでした

そんな自分の甘さが程よく正されて、上手く回り始めたのは子供が出来てからかなと。

勉強嫌いの私でしたが、今こそ子供に当たり前に勉強する姿を見せられれば良いなと思います。

ブロトピ:ブログ更新しました!
ブロトピ:TOEICブログ更新しました。

CATEGORIES & TAGS

ブログ, , , ,

ソウパパ

Author:


  1. アバター ゆず丸 より:

    こんばんは。英語話せたり、TOEICの点数が良い方は普段から努力しているなと感じます。やはりスキマ時間の活用が重要なんですね。

    • ソウパパ ソウパパ より:

      ゆず丸様
      こんにちは!スキマ時間は集めると大変な武器になりますね。それがよく分かりました!

  2. アバター イース より:

    こんにちは。
    ランキングから来ました。
    300点から800点はすごいです。
    やはり、習慣化してコツコツやったからですね。
    なかなかそれができない・・
    見習うところがたくさんあるので、吸収して上達したいと思います。

    • ソウパパ ソウパパ より:

      イース様
      ありがとうございます。私も習慣化まではそれほど楽な道のりではありませんでした。固定されてる時間の前後に入れるのはオススメですので、是非ご検討下さい😄

  3. アバター こばみち より:

    こんばんは、ランキングから来ました。
    いつやるかは、雇われている訳ではないので、時間を決めて習慣化すれば良いのですね。

    • ソウパパ ソウパパ より:

      >こばみち様
      コメントありがとうございます。はい、いくら良い勉強法を探しても、時間の確保ができなければ意味がないんですよね。それに気づいて習慣化してからは、楽しく学習できるようになった気がします。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ソウパパです。ネットビジネスの成功を志す2児のパパ。現在中国輸入販売に挑戦中。英語学習とコーヒーが趣味です。

当サイトのプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。

本サイトに関するお問い合わせがありましたら、何でもお気軽にご相談ください!相互リンクのご希望もこちらからお願いします。



ブログランキング参加中!下記のバナーをクリックして頂ければ、管理人のやる気が少しUPします。
にほんブログ村 小遣いブログ ネットワークビジネスへ
人気ブログランキングにも参加中!アフィリエイト関係の役立つブログが数多く参加しています!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。